卒業生の保護者の声PARENTS VOICE

保護者の方へ

卒業生の保護者のみなさまから、
温かいお言葉を頂戴しております。

一年を振り返りながら

保護者 Y.Kさん

春のやわらかな日差しのなか、真新しいスーツに身を包み迎えた入学式。期待と不安に胸をふくらませていたあなた。翌日あなたは合宿に向かい「挨拶・掃除等」接客の基本を学び、厳しい中にも共に歩める仲間を実感したはず。 初めての参観日はワインディングでした。初めてみるその手さばきにただ、はらはら、どきどきしていた私。そして十二月。この時の課題もワインディング、限られた時間の中で巻ききることを目標に皆、真剣でした。でもどの生徒も初めて見たあの時の表情とはどこか違っているように見えましたのは私だけではないでしょう。そしてそのできばえは確実に成長していました。今さらに新たな目標に向かって、悩み、考え、目を輝かせているあなたがいます。
一人一人が自分の夢に向かって、オンリーワンの自分になれますように、前向きに見守ってくださる先生方に心から感謝しながら、あなたのやる気を応援したいと思っています。

すばらしい一年を振り返り

保護者 M.Mさん

校長先生をはじめカレッジの皆様には、何かとお世話になりありがとうございます。入学前に伺いました折に、校長先生が「カレッジに通うようになったら子供達は変わってきますよ。」とおっしゃいましたが、まさに今それを実感しております。
子供とのやりとりはほとんどメールや電話ですが以前は煩わしそうに必要最小限の返事があるくらいでしたが、この頃は私どもへ感謝の言葉を添えて返信を送ってくるようになりました。高校時代を思いますと、そのギャップにやや戸惑いと驚きを感じておりますが、これもビューティーカレッジでのご指導を通じて何かが少しずつ変わりつつあるのかと感謝しております。

卒業おめでとう

保護者 K.Nさん

思い起こせば、何の目標も無かった高校生時代、貴方は無気力で本当に心配しました。そんな貴方が美容師と言う目標を見つけ、この学校に入学して、多くの仲間と先生に恵まれ、まるで水を得た魚の如く、日々成長していく姿は喜ばしく私自身も幸せにしてくれました。
どうぞこれからも目標を忘れず、幾度の壁にぶつかった時には同じ道を学んで頑張っている仲間を思い出し、学園で学んだ精神でエネルギッシュに夢に向かって突き進んでください。
いつまでも大きな夢を目指せるそんな貴方を誇りに思うと同時に今まで暖かくご指導いただいた先生方に心より感謝いたします。

息子の成長

保護者 M.Kさん

息子は富山ビューティーカレッジを巣立ちました。二年間の学校生活で息子は大きく成長しました。それは林校長をはじめ先生方のご指導があったからこそです。
息子は、中高生のころ無関心、無気力、無感動でいつも背を丸め、うつむいている子供でした。それがご縁あって富山ビューティーカレッジに入学を許され、先生方に支えられて変っていきました。林先生は褒めるときも叱るときもいつも真正面を向いて下さいました。
それは私に対しても同じで、息子の長所をたくさん教えて下さいました。
息子は社会人となり一人暮らしを始めました。平坦な道とは思いませんが、林先生のバイタリティをいただいて、きっと乗り越えてくれるものと思います。
林先生のご健康、ご活躍、富山ビューティーカレッジの発展を心よりお祈り申し上げます。