林不二男の情熱ブログHAYASHI'S BLOG

一覧へもどる

特に新卒新入社員の皆さんとその親御さんに伝えたいブログ

_DSC6733
特に新卒新入社員の皆さんと親御さんに向けて。

 

何事もやると決める覚悟と、勇気を持て!
それを行動に移す。ところが現代人は

すぐ途中で挫折する。
無理、辛い、自分に合わない、
居場所が無いなどの言い訳病!
病が心の中に発生し自分の挫折を正当化する。

このような人間の場合、何事も中途半端になりがち。
伏見工業をラグビー日本一に導いた
山口良治さんのお言葉を借りるなら
自分を最後まで正当化し矢印を他に向け、
自分に矢印を向けることができない。

 

素直に人の言うことも聴かない。
自分で自分自身を変え、成長することが出来ない。

何をするにも先ずは最低三年は継続することである。
三年は千日以上。千日以上逃げずに他のことには

目もくれずしゃにむに頑張ること!

1993年大関に昇進した若乃花の口上
「一意専心」ができるか。
三年しないと何もわからないものだ。
わかったようでわかっていないのが事実。
広い視野で自分自身の立ち位置が見えていないのだ。

しかしながら自分を鍛えるのは自分自身の心しかない。
それにいつ心の奥底から気づくか。
子供が辞めたいと言ってきたとき親御さんの対応で
その子の人生は80%決まる。人生の岐路である。

S__18358274
親御さんがどう向き合うかだ。

「自分で決めなさい」

ある意味自立を促し、自由を与え、
縛らず良い親御さん風に感じる方も多いと思うが
果たしてそうだろうか。。自分で決めた道を志半ばで
いや始まってもいないというのが
この3年ではなかろうか。
よほどのダメ会社でない限り、
ここは厳しく突き放し、
何が何でもがむしゃらに前向いて突き進めと
伝える場面だと言い切れる。
親御さんの一言、
叱咤激励で救われ
志を遂げることができた若者を見てきた。
「あの時あの瞬間の親の言葉が心を揺さぶった」
その逆もたくさん見てきた。。。残念の極みである。

最近、小泉進次郎代議士が
「転職力をつけろ!どう生きたいかだ!」
と学生向けの講演会で発言していたが、
学生がそれを勘違いして
都合よくとってもらっては困る。
決して転職ありきで、自分が気に入らなければ
ある程度のスキルを得て転職し
ステップアップしなさい。

という意味ではないはずだと思いたい。
転職もステップアップも否定はしない。
しかしながら
お世話になった会社に貢献して感謝されて惜しまれて
転職するならまだしも自分の身勝手で会社の上司や
顧客の迷惑を顧みず転職する輩はいかがなものか。
道理にかなったことか?正しい道か。

 

立鳥跡を濁さずというが

ダメ人間  立つ鳥跡を濁す
ふつうは  立つ鳥跡を濁さず
その上を行く人は 
立つ鳥跡を豊かにす だ。

人として良くできた人(できる人よりできた人)
は自分のいた会社を豊かにしていく。

優秀な人は成果を残して旅立つ。
逆をいえば何かを残すまで
あるいは継承するまで辞めない。
そして
自分がいた会社との人間関係をとても大切にする。
自分が何もできなかったころに受けた恩を忘れず
感謝の気持ちを持ち続け、
良い関係を保ち人望~人脈につなげていくものだ。

人間の価値は「何をしたか」ではなく
「何を残したか」で決まる。

気づかない人間は一生気づかない。

他人と過去は変えられない。
本来変えられるのは
自分と未来だけである。

1948111_663259070378119_1469921698_n

投稿者: 林不二男
2017年04月08日 23:01