林不二男の情熱ブログHAYASHI'S BLOG

一覧へもどる

未来のために今を生きる

未来のために今を生きる

 ある小学校の教頭先生から
講演依頼のメールをいただきました。

_DSC5227

今年は、どなたにお願いすればよいのか、
各学校のホームぺージなど
拝見させていただいたところ、
呉羽中学校、城山中学校で
林社長さんの講演記事を見つけました。

本校職員に呉羽中学校区在住の者がおり、
日頃あまり話をしない息子さんが、家に帰り、
講演会の話を熱く語っていたと聞きました。
城山中学校のD教頭先生にもおたずねしたところ、
中学生が真剣に聞いていたとのお話に、
本校にもぜひ来ていただきたいと思い
アドレスを教えていただきました。

初めてなのに、びっくりされたことでしょう。

是非、お越しいただけないでしょうか。

時期は、3学期です。できれば、
1月25日に開催予定の1日学習参観日の午後、
5限13時40分ごろからなら、もっとも嬉しいです。
その日に来ていただけると、
5・6年生の保護者の方々にも参加いただき、
親子で生き方を見直す
いいチャンスとなるかと願っております。

とってもお忙しい中で各校、
各地でご講演されているとお聞きします。

D先生は、お願いを断られない方とも
おっしゃっておられたことを頼りに
メールをさせていただきました。

ps。子どもたちの未来に力を貸そう
とおっしゃってくださるだろう
林社長さんに甘えてしまうばかりです。

どうか、わたしの願い、
お聞きいただけることを
心から願っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

↑依頼内容です↑
少し驚きましたが
大変ありがたい話だと快諾しました。

子どもたちの「生きる力を育むこと」
「命の大切さを気づかせること」
「今を真剣に生きる大切さを伝える」

この3つを広めていきたいと思う私には
口コミ、紹介で広がる講演活動は
ライフスタイルに成りつつあります。

先日は富山第一高校でも
文化祭での文化講演会に招かれ、
また保護者向けや
職員研修会への依頼も打診されました。
実は、私が本当に伝えたいのは
保護者・教員の方々です。
(子どもたちには勿論ですよ)

「教育は共育」
「教育は環境で決まる」
「教えることは、学ぶこと」

が私の教育に関するモットーです。
子どもたちの未来のために、
伝えるべきことを伝え続けていきたいと決めています。
学校関係者の依頼があれば、遠方でも快諾します。

↑は2011年にあるところに書き留めた文言です
今もその気持ちは変わりません。

これからもずっと。
改めてブログに記します。

20171123085805774_0002

投稿者: 林不二男
2017年11月29日 23:23