林不二男の情熱ブログHAYASHI'S BLOG

一覧へもどる

解散総選挙 政権選択のあり方

前回、県議会さんからの声掛けで
「主権者教育」の出前講座を受講した
ブログを書きました。

私自身2年以上前から授業で
「主権者教育」
を自ら伝えていました。

主権者1
それは、若者の政治離れはこの国の未来を
否定することに繋がると
危機感を持ったからです。

「政治の本質」を見極め、
「自らが主権者として
意思表示」
をする教育が必要不可欠なのです。

 

今回は18歳から選挙権を持つ
若者達にとって
初めての政権選択選挙となりますが
そのこと自体よく把握していない
学生、若者が
多いと感じています。
主権者2

富山の、日本の未来を見据えて
大人たちが若者に伝えるべきことが
あるのでは
ないでしょうか。
と同時にすべての有権者の皆さまに
伝えたいことがあります。
マスコミ報道は参考にするべき?
かもしれませんが
「本質」を見極めてください。
様々な考え方があるので
ネットなので検索すれば
情報はいくらでも手に入ります。
しかしながら、政治の本質を見抜き
自分たちの世代のことだけではなく
次世代のことも踏まえて
争点を冷静に比較し
利他の心で選択すべき
大事な選挙であるということです。

また選挙後の政界再編も予測、
見据えておくべきでしょう
有権者が選んだ(投票)はずの
党派から離脱することなんて
当たり前のような政治家が
事実多いこともお含みおきください。

日本のみらい
正しい情報は直接政治家や官僚(行政)
と会って総合的に感じること!
が一番なのですが
そういう人脈をお持ちでない場合は
その情報を持っている人を
を周囲にもち「参考」にする
ことも良いでしょう。
あまり聖人君子を期待せず、
国を良くするためにはどういう
選択が必要なのか
判断する材料を集めてください。
FB_IMG_1437949729321-1
「本質」は何か。
この国の民意が問われています。
主権者3

 

 

投稿者: 林不二男
2017年09月29日 12:03